HaLAオープンフォーラム

第17回オープンフォーラムウェブレポート

ハッピーライフアライアンス


当日の動画・講演録はこちらよりご覧いただけます
講演動画(会員限定) 講演録(会員限定)

ご挨拶

小松信幸

17回目となるHaLAフォーラムは、会場を国の重要文化財にも指定されているフランク・ロイド・ライト氏とお弟子さんの遠藤新氏設計の自由学園明日館を会場に開催しました。

21世紀の日本経済はどうやら縮小を免れません。そこで生き残っていくためのひとつのコンセプトが「絆」。お客様・パートナー企業との「絆」を他よりも強く、自分らしさを活かして、共にハッピーを目指すことで明日が見えてきます。

共に学ぶイベントに参加するだけではなく主催していくこと。HaLAハッピーライフアライアンスはそんな生き方を提案していきます。

HaLAは丸4年やってきました。求めらることも変わってきます。来年からは運営方法を変えて進化発展していきます。皆さん、各地のHaLAフォーラムで再会しましょう。


 

第一部

photo

 

自由学園明日館(みょうにちかん)は、1921年(大正10)、羽仁吉一・もと子夫妻が創立した自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設された建物です。今回はHaLAフォーラム開催までの時間で、明日館の方にお願いをして臨時見学コースを開催して頂きました。
連日イベントが入っているということで、滅多に見られない建物のあらゆるところをご覧頂きました。貴重な体験に、ご参加頂いた20名弱の皆さまには大変ご好評頂きました。

 

前々回の第15回HaLAフォーラムでは、入江監督の講演と映画上映「天から見れば」が大好評でした。その後、各地で自主映画上映会が行われていますが、今回は入江作品アンコール上映で、ホームビデオで撮った第1作目の作品「4分の1の奇跡」を見ていただきました。私たち自身も一度社内の全体会議の後に上映会を開催したことがありますので見るのは2回目ですが、何度観ても沢山の気付きがあります。

懇親会でも自主上映会でご自身の受けた感動をシェアしたいという声を多くいただきました!この素敵な映画を広められながらも自社地域のお客さまと絆をつなぐ機会のアイデアとして活用頂きたいと思います。

渡辺正明氏プロフィール

石川県在住、養護学校教諭の山元加津子さん。

加津子さんが語る、学校の子ども達のお話は、
“いのちの尊さ”
“いのちを生かす大きな存在”にまで触れ、
聞く人の魂を揺さぶり、全国で感動を呼んでいます。

「1/4の奇跡~本当のことだから」は、
そんな加津子さんに語っていただきながら、
“ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ”
“ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”ということを、
描き出していくドキュメンタリー映画です。

この映画は、
映像制作経験ゼロ、
2児の母である入江富美子さんがある大晦日の夜に制作をひらめいて、
一念発起し、創られた映画です。

大晦日の夜、ありのままの自分をまるごと受け入れたときに、
「ありがとう~」という気持ちが自分の中から溢れ出てくる、という体験をしました。
そして、自分の中の“ありがとう”が増えたとき、
この宇宙全体の“ありがとう”の量が増えたという確信がありました。

その瞬間、「私は、宇宙に感謝の量を増やす映画を創る!」そう決意します。

経験なし、人脈なし、資金なし、すべてゼロからのスタート。

しかし様々な人との出会いと応援によって、映画は完成し、
2007年2月11日初上映会が開かれます。

手作りのイベントに関わらず、約1000名の方が観てくださり、
その後も口込みで自主上映の輪が全国、海外へ広がっています。



フォーラム詳細

世界一の平社員 西川順子

 

後半の講演では、境目研究家(元ワイキューブ社長)安田佳生さんにお話頂きました。ワイキューブの非常識な成長を私たちも含めた中小企業の方はもっと勉強しないといけないと思い、今回ご講演をお願いしました。あまり講演の内容を詳細ではお伝えできませんが、エッセンスをご紹介します。

当時のワイキューブ社の会社のコアとなっていた考え方は

【良い商品 × 3つの戦略】でした。

「良い商品」をあえて飛ばしますが、「3つの戦略」とは

① いい人材を集める
② モチベーションを高める
③ ブランド力をつける

この3つでした。

「人とブランドに資金をつぎ込んだ会社」

とご自身で総括されていますが、これを実践された経営者は、実際は少ないと思います。

市場縮小化が進む中で、これから成り立つビジネスは以下の3つの要素が突出しているか、絶妙なバランスがとれているものだと思います。

○ 安い・払える
○ 共感している・好き
○ それしか選択枝がない

安田さんが「人とブランドに資金をつぎ込んだ」のは、中小企業が未来の夢を追っていくためには真ん中の「共感している・好き」の要素をふくらませていくしかないと思ったからだと想像します。

良い人を採用し、モチベーションを高め、ブランド力をつけることにフォーカスして売上をぐんぐん上げ、ワイキューブは就職人気企業ランキング20位にまでになりました。コスト削減だけでは乗り切っていけない市場縮小の時代、この付加価値創りは研究しておくことが必要だと思います。講演は微妙なニュアンスも含め、この趣旨をお伝えできたと思いますし、直接の感想またはメールなどでもたくさんのありがとうをいただきました。

2部(懇親会)の様子

第1部が終わった後は、同じく明日館の食堂で開催しました。こちらも国の重要文化財ということで貴重な空間の中でのひとときは、更に皆さんの雰囲気を盛り上げて、沢山の情報交換の場となりました。

今回自主上映した「1/4の奇跡」の自主上映に挑戦してみたい、というお声も頂いたりと、少しずつかもしれませんが、地域のお客さまと中小企業との絆づくりがHaLAから広まってきています。参加者から主催者へ。各地でHaLAフォーラムの輪を広げていってください。
私たちも当然全力でご支援いたします。


photo




お問合せ

rss ハッピーライフアライアンス